レビュー系♡男子

中年おじさんによる趣味のレビュー記事です

【読書】「幼年期の終わり」/アーサー・C・クラーク

SFの名作「幼年期の終わり」を読みました。

今回は素人によるその感想文です。

作品自体は濃厚ですがしかし当記事の内容は限りなく浅いです。ご注意下さい。

そのくせネタバレは辞さない構えですので未読の方はマジでお気をつけください。  

幼年期の終り

幼年期の終り

 

 

 

作者について

「2001年宇宙の旅」でおなじみのアーサー・C・クラークさんです。「幼年期の終わり」はSF小説の中でもトップクラスの名作なのだそうです。知らんけど。

私は「2001年〜」のクラーク版の原作は未読ですが、有名なキューブリック監督の映画版は何度も見ました。あれは本当に凄い映画ですね。(小並感)

この映画で私が最も感銘を受けたのは「全般にわたるリアリティ」です。映像的な面ももちろんなのですが、それよりも「ストーリーのリアルさ」がズバ抜けているように感じます。「モノリス」とかいう謎の石版なんて宇宙という未知に対する畏怖の象徴だと思ったし、何よりも最後のあの謎の小部屋のシーンですよね。あのシーン、私は未だに意味わかんないんですけど、でもリアル感が半端なくて妙に怖いんですよ。何故か軽くトラウマです。最後に出てくるスターチャイルドも本当に意味が分かりませんね。でもなんか怖い。目玉が大きくて怖い。とりあえず宇宙怖い。 

2001年宇宙の旅 (字幕版)

2001年宇宙の旅 (字幕版)

 

 

話を戻しますが今回の「幼年期の終わり」も、似たようなリアリティがあります。つまり、私には怖く感じられるお話です。

 

あらすじ(ざっくりネタバレ)

ある日、宇宙から宇宙人がやってきて地球を支配した。宇宙人は人間たちに「上帝(オーバーロード)」と呼ばれ、彼らは圧倒的な科学力を持っていたが、しかし武力で地球を支配する事はなく、むしろ地球上から戦争を無くすなどして世界を平和に向かって導いていった。

オーバーロードの目的は誰にも分からなかったが、しかし平和で豊かな生活になったので地球人達は大体満足していた。が、実は地球人達はオーバーロードの更に上の存在である「オーバーマインド」の養分となるべく家畜として飼われていたのだった。というオチ。

 

上帝(オーバーロード)さん達

作中には数名の上帝が出てきます。その姿は古来より地球人に恐れられていた「悪魔」の姿なんですね。私はデビルマンの姿を想像しました。

この辺の想像力なんですよ、私が「クラークすげー」って思うのは。

古来より悪魔の姿はなぜか定型化されているじゃないですか。それを「宇宙人が過去に地球にやってきたときの古代人の記録」として整合性を持たせるのは大した発想だと思いますマジで。でも最後に、実際にはオーバーロードは過去に地球に来た事は無いって事が明かされるんですけど、ではなぜ過去の地球人達がオーバーロードの姿を知っていたのか、その辺の種明かしも大したもんです。つーか私「大したもんです」しか言ってないな。( ´_ゝ`)

オーバーロード達は地球人よりも何倍も知的レベルが高く科学力も想像を絶するレベルです。それを見て地球人達は「こりゃーかなわんわぁ。逆らわんとこ」と思うわけですね。

しかし広大な宇宙には、オーバーロードよりもさらに上位の存在がいたのであった。

 

オーバーマインドさん

地球人からすれば完全に上位者であるオーバーロードさん達ですが、しかし彼らもさらに上位にいるオーバーマインドに支配された存在だったのです。そして彼らはいずれ滅び行く運命である事を自ら認識しています。それが彼らの悲しみなのです。

一方、何も知らない地球人達はお気楽に暮らしていましたがやがて異変が訪れます。よく分かんないけど異常者が増えて最後にオーバーマインドに取り込まれるんですね(大変ざっくりとした説明)。これがこのお話の終着点です。

では、オーバーマインドとはなんなのか。

作中には姿形を含め何も情報が出てきません。オーバーロードですらオーバーマインドが何物であるかを知らない為です。宇宙は広大すぎるのです。上には上がいるという事なのでしょう。もしかしたらオーバーマインドは「神」そのものなのかも知れませんね。知らんけど。( ´_ゝ`)

 

まとめ

詳細部分は実際に本書を読んで頂きたいのですが、とりあえず面白かったです。始めにも述べたとおり「リアリティ」が凄いんですね。そりゃー古い時代に書かれた小説ですから若干古くさい未来想像図みたいなのも出てきますけど、それを踏まえても十分に斬新で楽しめる内容となっております。

私は普段はSFは読まないんですけど、今回SFを読んで改めて思ったのは「人間の持つうつ発想力の凄さ」ですね。クラークは宇宙についての物理学的知識もあったそうですが、それを元に想像力を働かせ、リアリティという肉付けをし、そしてこの作品が完成されています。そういう人の想像力による、整合性が高く且つ未知への恐怖を煽られるようなストーリー、そのアイデアが、この作品で私が最も感動した点です。

余談ですが、「Bloodborne(ブラッドボーン)」というゲームのエンディングのひとつに「幼年期の終わりエンド」というのがあります。ブラッドボーンは、一言で言うと月からやってきた魔物(上位者)と地球に住む狩人(ハンター)が戦うゲームなのですが、この幼年期の終わりエンドの場合、狩人が人間を辞めて上位者の子孫として転生します。本書を読み終わった後だと、「なるほど」と分かるような気になるのですがしかし結局何も分からん。( ´_ゝ`)(※ブラッドボーンはストーリーが難解です) 

Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版 [PlayStation4]

Bloodborne The Old Hunters Edition 通常版 [PlayStation4]

 

 

Kinlde版もありますので未読の方は夏の図書として是非読んでみて下さい。面白いのは間違いないです。

幼年期の終り

幼年期の終り