レビュー系♡男子

中年おじさんによる趣味のレビュー記事です

【読書】されど愛しきお妻様~「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間/著:鈴木大介

大人の発達障害って結構大変なのです。

「普通の人」が「普通に出来ること」が、障害ゆえに出来ないのです。

周囲のひとは「甘え」「やる気が無い」「なめてる」などと発達障害当事者を攻撃します。

発達障害の妻を抱えた著者もそんな人物でした。

家事を全くやらない妻を責め続け、しかし責めすぎると自傷行為に走る妻。そんな八方塞がりの状態でしたが、著者自身が後天的な高次脳機能障害を抱えた事で発達障害当事者の状態を自身が身をもって体験することとなり、大人の発達障害である妻のこれまでの苦労を理解できるようになるのです。

このお話は著者である鈴木大介さんの実際の体験記です。

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

 

あらすじ

「大人の発達障害」のお妻様

著者は自身の妻のことを愛を持って「お妻様」と呼んでいます。著者はメンヘラな女性が好きで、これまでに付き合ってきた人も全てメンヘラだったといいます。(余談ですがこの辺はなんだか個人的に共感しました。)

職場で出会った、後に著者の妻となる女性は、仕事は出来ませんが特定の単純作業には人並みならぬ集中力を発揮します。彼女にとってはそれが苦ではありません。(この辺はなんとなく発達障害の方の一般的な特長のような気がします。)

いろいろあって結婚。そんなお妻様は仕事も家事もしないで遊んでばかり。それを夫に責められリストカットを繰り返す日々。

それでも著者の猛烈な家事・仕事の両立で家庭はなんとか保てていました。

しかしある日、お妻様が脳腫瘍を発症してしまいます。

 

「高次脳機能障害」となる夫

幸いにもお妻様は手術によって一命を取り留めました。

脳に後遺症も残らず今まで通りのお妻様が帰ってきました。とはいえ5年生存率8%の重病です。

著者は以前にも増して家事・仕事の両立を頑張ってしまいます。

しかし限界を超えていたのでしょう。

今度は自身が脳梗塞に倒れ、脳機能の一部を失ってしまいます。

こうして著者は高次脳機能障害を患ってしまい、以前までは「普通に出来ていたこと」が出来なくなってしまうのです。

その状態はまるで、長年お妻様が苦しんできた「大人の発達障害」そのものでした。

 

妻に対する心からの理解

この状態になってはじめて、著者は「大人の発達障害」の辛さを身を持って実感するのです。

今までも発達障害当事者の辛さは分かっていたつもりでした。(著者は貧困や裏社会などを取材するルポライター)

しかし、自身がその状態を実際に体験することで、「自分はお妻様の辛さを今まで全く理解していなかった」と気付くのです。

「普通なら出来ること」がどうやっても出来ない、その辛さ。

著者はこれまでのお妻様への態度を深く反省します。

そして改めてこの「問題だらけの家庭」を再構築していくことを決意します。

 

そして家庭を改善する

著者の煩った高次脳機能障害は時間の経過と共に改善され、以前と変わらない状態に戻ってきました。

そうなると、著者は脳に障害を抱えたまま、以前のように仕事も家事もしなければならない。それでもお妻様は何もしてくれません。

そんなお妻様を以前と同様に叱責しそうになります。喉元を過ぎれば熱さを忘れてしまうのです。

しかし、自身の高次脳機能障害の体験を照らし合わせ、自身の悪い部分を改めて認識するに至ります。そしてお妻様へ、今までのことを謝るのです。

そうして著者の家庭生活は夫婦お互いの理解に乗っ取った上で、上手く改善されていきます。

 

感想

ここからは個人的な感想です。

私の周辺事情

私も「大人の発達障害」だろうなと思わせる人々と共に日々を暮らしています。家でもそうですし、職場でもそうです。

彼らは、いろいろな事が出来ません。教えても出来ません。指示しても出来ません。

私はそんな彼らにいつもイライラさせられています。(この辺は脳梗塞を発症する前の著者と同じです。)

しかしあるとき「彼らには、出来ないことは出来ないのだ」と考えるようになりました。

なぜ出来ないのかは私には分かりません。

私はそこに理由や原因を求めず、ただ「出来ないものは出来ない」とだけ受け入れるようにしました。

ある意味で「期待をしない」ことにしたのです。

そう思うようにしたらたいぶ心が軽くなった覚えがあります。

とはいえ一緒にいて未だにイライラさせられる事ばかりですけれど。

理解不能なものをそのまま受け入れる

つまりは私は「理解不能なものを、理解しようとせずそのまま受け入れる」ようにしたのです。

彼らにそれが出来ない理由は分かりません。逆に理解しようとすればするほど「甘え」「やる気が無い」「なめてる」といったネガティブな考えしか出てこないのです。

これは自らの基準だけで理解しようとしているからです。しかし他人は自分ではありません。

一方で彼らも彼らなりに「一生懸命頑張っている」ことは日々感じ取っていました。

そうなると私の中で矛盾が生じます。

「甘えてやる気が無い」はずなのに「頑張っている」???

全く意味が分かりません。

彼らが単に真性のドクズ(失礼)だったら逆にどれだけ楽に理解できた事か。( ´_ゝ`)

でもそうじゃない。彼らは毎日を一生懸命、一日の終わりに疲れ果てて動けなくなるぐらいに、一生懸命生きている。しかしなぜそこまで大変なのかが私には全く解らない。

理解不能な物を目の前にしたとき人はそれを「拒否する」か、または「受け入れる」しかありません。そこで私は後者を選んだだけです。大したことではありません。

真の理解

とはいえ「俺には分からないけどキミはそうなんでしょ?」という態度ではいろいろと上手ではありません。できれば真の意味で彼らの状態を理解したいと私は思っています。それは、

誰かを理解することは、その人にとっての救いとなり得るからです。

そんな思いで手に取った本書でした。

結果として私は「彼ら」に対する理解にまた一歩、少しずつですが、確実に近づけた様に思います。

 

しかしながら生活を共にしているとは言え「他人」を理解することは本当に難しい事だと改めて感じています。

更に言えばこの理解の対象が「社会」であったり、そこにいる「不特定多数の人々」であれば理解は更に難しくなることでしょう。

ただ、著者も言っているとおり、一人ひとりが身近な人を理解をする、その努力を行わなければ社会全体も決して良くはならないのです。

「他者に対する真の理解」とは本当に難しいものですが、しかし決して諦めてはいけないのだと、本書を通じて改めて痛感した次第です。

 

※Kindle版もあります。

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間